県連からのお知らせ

第4回経営支援事例発表秋田県大会を開催

2018年6月14日

 6月12日(火)に、「第4回経営支援事例発表秋田県大会」を秋田ビューホテルで開催しました。

 経営指導員約100 人の経営支援事例から選ばれた好事例を共有し、探究し合うことで、事業者に対する経営支援力の向上を図ることを目的に、県内商工会関係者が一堂に会し、全県の経営指導員から選ばれた6名が支援成果を発表し合いました。

 審査の結果、最優秀賞には、「事業所コラボによる新商品開発と販路拡大」に取り組んだ、湖東3町商工会の鈴木康記(すずき やすのり)経営指導員が選ばれました。

 鈴木経営指導員は、10月2日(火)に秋田県で開催される「経営支援事例発表東北ブロック大会」に本県代表として出場します。

 

発表者とテーマは以下のとおり
1.富樫 大樹  (三種町商工会)
  商工会ならではの事業承継~建築業の父から子へ親族内承継のカタチ~

2.榊  英孝  (二ツ井町商工会)
  オリジナル商品「木のノート」販路拡大の支援

3.堀井 嘉彦  (大仙市商工会)
  事業承継における後継者のモチベーション向上策

4.佐藤 大輔  (由利本荘市商工会)
  企業(製造業)の新規事業に対するチーム支援

5.鈴木 康記  (湖東3町商工会)
  事業所コラボによる新商品開発と販路拡大

6.佐藤  洋  (羽後町商工会)
  クラウドファンディング等を活用した創業支援

 

 

 

最優秀賞の鈴木経営指導員   プレゼン形式の発表  支援成果をアピールした発表者たち

ページの先頭へ