県連からのお知らせ

冬季労働災害防止について

2020年11月30日

 秋田県内で発生する休業4日以上の労働災害のうち、転倒による災害が最も多く、全体の25%を占めており4人に1人が転倒災害によりケガをしている現状にあります。特に冬季の転倒災害が多く発生しているため、危険な場所や時間帯、注意点のほか転倒事故防止の予防法をご紹介いたします。

・危険な場所
  駐車場から事務所・作業場の出口、段差・スロープまでの経路が特に危険です。
・危険な時間帯
  朝7時~9時の時間帯が特に危険です。
・こんな時が要注意
  雪の積り始め、除雪後の駐車場、ブラックアイスバーン、車の乗り降り時は特に注意が必要です。
・予防法
  ①屋外通路に融雪剤をまく、②滑りにくい靴を履く、③玄関灯などの早めの点灯で足元を確認しや
 すくする、④急がずゆっくり歩く などの予防が重要です。

 詳しくは秋田労働局健康安全課(018-862-6683)又は最寄りの労働基準監督署までお問合せください。

 <参考>
  ■STOP!転倒災害(PDF)
  ■転倒防止新聞(PDF)

ページの先頭へ

Facebook
『商工会あきた』

  • あきた女性活躍・両立支援センター
  • 「がん」重点補償
  • 珠算・販売士・簿記検定試験日程

秋田県商工会一覧