小規模企業景気動向調査

平成27年1月期調査

~ 再び悪化を示した小規模企業景況 ~

2015年2月25日
全国商工会連合会

<調査概要>

調査対象:全国約300商工会の経営指導員

調査時点:2015年1月末

調査方法:対象商工会経営指導員による調査票への選択記入式

<産業全体> ◇…再び悪化を示した小規模企業景況…◇

 1月期の小規模企業景気動向調査では、産業全体の採算および業況DI(景気動向指数・前年同月比)は小幅悪化、また、売上額DIは大幅に悪化し、 資金繰りDIは不変であった。経営指導員からは、1.原油価格の下落に伴うコスト減少など好材料もあるが、円安の影響で原材料価格の高騰が続き、収益を圧 迫している、2.景気に明るさは見られず、地方経済は更なる悪化をたどっているように感じるなど、引き続き景気低迷を指摘する報告があった。

<製造業> ◇…一部に受注増の動きがみられるものの、依然、コスト増に苦しむ製造業…◇

 製造業は、売上額DIは小幅に悪化したものの、採算、資金繰りおよび業況DIは多少改善した。経営指導員から、好転材料として、1.自動車関連 は、引き続き、海外・国内需要が高く24時間体制で工場が稼動しており、景況感は良好である、2.金属加工関連は、大手企業好調のため、受注額が増えてい るなどの報告があった。また、悪化材料としては、電気料金の値上げ、原材料価格の高騰など、引き続きコストが増加しており、収益を圧迫しているとの報告が あった。

<建設業> ◇…受注の減少、資材価格・人件費高の影響で、大幅に悪化した建設業…◇

 建設業は、採算、資金繰りおよび業況DIは多少悪化、また、売上額DIは10.5ptもの悪化を示した。経営指導員から、悪化材料としては、1. 引き続き、資材価格や人件費の高騰により、収益が確保できない、2.住宅関連の受注が減少しているなどの報告があった。また、好転材料としては、1.土木工事関連で、一部地域で公共工事や災害復旧工事の受注があり、多忙となっている、2.リフォームや住宅修繕工事の受注があるなどの報告があった。

<小売業> ◇…個人消費の低迷や仕入価格の高止まりにより、厳しさが続く小売業…◇

 小売業は、採算、資金繰りおよび業況DIは多少悪化、また、売上額DIは大幅に悪化した。経営指導員から、悪化材料としては、1.食料品関連で、 仕入価格の高止まりにより採算が悪化している、また、客単価が低下し売上額が減少している、2.衣料品関連で、低価格販売の大型店に太刀打ち出来ない、 3.個人消費の低迷により、売上額が減少しているなどの報告があった。一方、好転を示す報告は少なかった。

<サービス業> ◇…家計の節約志向が続くなか、悪化を示したサービス業…◇

 サービス業は、採算、資金繰りおよび業況DIは多少悪化、また、売上額DIは大幅に悪化した。経営指導員から、悪化材料としては、1.宿泊関連で、冬季の 閑散期で利用客が減少し、売上額が低下した、2.家計の節約志向が続く中、客数や客単価が低調に推移しているなどの報告があった。また、好転材料として は、1.クリーニング業で、原油価格の下落により燃料費が低下し、採算が好転している、2.飲食関連で、宴会需要が増加した事例があったなどの報告があっ た。

平成27年1月期調査

全国商工会連合会 企業環境整備課
〒1000006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル19F 
TEL:03-6268-0085 FAX:03-6268-0997

ページの先頭へ

Facebook
『商工会あきた』

  • あきた女性活躍・両立支援センター
  • 「がん」重点補償
  • 珠算・販売士・簿記検定試験日程

秋田県商工会一覧