小規模企業景気動向調査

平成28年12月期調査

~3ヶ月連続して全項目で改善するも、人手不足や原材料の高騰で不安を抱える小規模企業景況~

2017年1月24日
全国商工会連合会

<調査概要>

調査対象:全国約300商工会の経営指導員
調査時点:2016年12月末
調査方法:対象商工会経営指導員による調査票への選択記入式

<産業全体>◇…3ヶ月連続で全項目で改善するも、人手不足や原材料の高騰で不安を抱える小規模企業景況…◇

 12月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の業況DI(景気動向指数・前年同月比)は小幅に改善した。項目別においては、売上額DIが大幅改善、採算DI、資金繰りDIが小幅に改善し、3ヶ月連続して全項目で改善を示した。また、過去2ヶ月と比べて改善幅も拡大した。受注増や歳暮、クリスマス需要により売上を伸ばしている業種もある。しかしながら、慢性的に続く人手不足や原材料の高騰で先行きに不安を抱えている。

<製造業> ◇…農水産加工業を中心に引き合いが増えるも、先行き不安感が残る製造業…◇

 製造業の業況DIは、小幅ながらも先月に続いて改善となった。特に売上額DIは2ヶ月連続大幅改善となったが、採算DIと資金繰りDIの改善幅は小幅に留まった。経営指導員からは、歳暮や年末年始需要増から農水産食料品製造業を中心に引き合いが多くなっている。一方で、小規模企業でも、本来であれば円安になると、輸出増や海外移転した企業・工場が国内回帰するなどして恩恵を受けるところであるが、原材料高、人手不足、受注件数の減少など不安感を募らせる事業所も多いとの報告があった。

<建設業> ◇…全国的に公共工事が好調で3ヶ月連続の改善となるも、人材確保等に難が見える建設業…◇

 建設業の業況DIは、小幅ではあるが3ヶ月連続で改善となった。項目別に見ると、売上額DI、採算DIはいずれも小幅に改善、資金繰りDIは大幅改善となった。好転材料としては、全国的に規模の大小はあるが、公共工事の発注数が増えてきている。特に熊本県や鳥取県については、震災復興関係の工事が多数発生しており、地域を超えて仕事を受注している動きもある。悪化材料としては、豪雪地帯では、例年、土木工事の受注量の落ち込みを除雪関連作業で補てんする動きがあるが、今年は降雪量が少なく、売上は減少傾向にあることや、仕事を受注しようにも人手不足で対応できないとの報告があった。

<小売業> ◇…菓子や飲食料品を中心に需要が見られるものの、衣料品は厳しい小売業…◇

 小売業の業況DIは、3ヶ月連続して小幅な改善となった。売上額DI及び資金繰りDIは小幅な改善、採算DIは大幅な改善となった。菓子小売業を中心に、クリスマスや歳末需要に関連した小売業では売上を伸ばしているとの報告がある一方で、先月、冬物への需要が見られた衣料品は、暖冬のため出足が鈍く、また、買替サイクルの長期化により売上減少に拍車がかかっている。

<サービス業> ◇…先月から一転大幅な改善が見られるも、厳しい環境が続くサービス業…◇

 サービス業の業況DIは、先月から一転大幅な改善となった。項目別に見ると、売上額DI、採算DI、資金繰りDIすべてが大幅改善となった。経営指導員から、旅館、ホテル等の宿泊業では、旅行シーズンに入り売上が伸びている一方で、暖冬のためスキー・スノボー客の取り込みには苦戦しているとの報告があった。また、理美容業では顧客の高齢化や利用者ニーズの変化等に加え、新規創業が多く地域内での顧客確保に苦慮しているとの報告もあった。

keikyoH2812

 全国商工会連合会 企業環境整備課
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル19F 
TEL:03-6268-0085 FAX:03-6268-0997

ページの先頭へ

Facebook
『商工会あきた』

  • あきた女性活躍・両立支援センター
  • 「がん」重点補償
  • 珠算・販売士・簿記検定試験日程

秋田県商工会一覧