小規模企業景気動向調査

平成29年2月期調査

~売上額や業況に改善が見られるも、なおも動きが弱い小規模企業景況~

2017年3月30日
全国商工会連合会

<調査概要>

調査対象:全国約300商工会の経営指導員

調査時点:2017年2月末

調査方法:対象商工会経営指導員による調査票への選択記入式

<産業全体>◇…売上額や業況に改善が見られるも、動きが弱い小規模企業景況…◇

 2月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の業況DI(景気動向指数・前年同月比)はわずかに改善した。項目別では、売上額DIが小幅改善、採算DIと資金繰りDIがわずかに悪化した。経営指導員からは、建設業の売上額に関して言及するコメントが目立つ一方で、業種に関係なく人手不足が継続し、深刻さが増しているとの報告があった。また、2月24日に行われたプレミアムフライデーについては、誘客要素となりうるも消費に結びついていないとの報告があった。

<製造業> ◇…円安や地域により一部業種に注目が集まり売上が上昇するも、利益には結びつかない製造業…◇

 製造業の業況DIは、先月と比べ不変であった。売上額DIが小幅な悪化、採算DIがわずかな悪化、資金繰りDIのみがわずかに改善した。経営指導員からは、自動車部分品・附属品製造業や金属製品加工業の仕事が活発になってきているほか、ふるさと納税の返礼品として地域の水産、畜産加工品関連の製造業が緩やかではあるが売上が上昇し続けているとの報告がある一方で、先月から続く漁獲高の落ち込みが回復せず、原料高が続いているため、利益を圧迫しているとの報告があった。

<建設業> ◇…売上額DIが2桁改善を示すも、採算は改善しない建設業…◇

 建設業の業況DIは、先月と比べわずかな改善に留まった。先月2桁の悪化を示した売上額DIは10.5pt改善し、採算DIは不変、資金繰りDIは小幅な悪化となった。公共工事の発注が増えたため売上額が増加するも、受注単価の低下や建築資材の上昇、慢性的な人手不足などが重なり、利益の確保がままならないとの報告があった。

<小売業> ◇…節約志向や人手不足などにより、低調が続く小売業…◇

 小売業の業況DIは、わずかに改善した。売上額DIは小幅悪化、採算DIと資金繰りDIはわずかな悪化となった。地域によっては、冬物衣料の売上が堅調であったとの報告がある一方で、厳冬小雪のため、灯油の売上は伸びたが、除雪車向けの軽油の販売が大きく減少した。また、消費者の節約志向や入学シーズンを迎え学用品等需要が高まるが、少子化のため対前年割れが続いているとの報告があった。

<サービス業> ◇…わずかな改善が見られるも、まだら模様のサービス業…◇

 サービス業の業況DIは、わずかに改善した。項目別に見ると、売上額DIは小幅な改善、採算DIはわずかな改善、資金繰りDIは不変となった。経営指導員からは、①初春の観光シーズンに入り、地域によっては売上・客数が増加し業況が改善している、②運送業では大手運送会社の運賃の値上げに伴い、中小運送会社の運賃値上げの機運が高まっており、将来的な収益の改善が期待できるとの前向きな報告がある一方で、③クリーニング業では消費者の節約傾向や低価格衣料品の増加、④理美容業では低価格帯店の増加や消費者の利用回数減により売上の伸び悩みが深刻であり、回復の兆しが見えないとの報告があった。

keikyoH2902

 全国商工会連合会 企業環境整備課
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館19F
TEL:03-6268-0085 FAX:03-6268-0997

ページの先頭へ

Facebook
『商工会あきた』

  • あきた女性活躍・両立支援センター
  • 「がん」重点補償
  • 珠算・販売士・簿記検定試験日程

秋田県商工会一覧