支援事例紹介

秋田・川連塗 寿次郎(川連漆器「寿次郎ブランド」の挑戦!)

市場の声に変化の兆し、今が漆器PRの好機!                      詳細

 漆器は耐久消費財であり、購買頻度が高い商品とは言えない。また、漆器の普及により、需要が成熟期にあることから、業界全体としての需要は減少傾向にある。しかしながら、ここ数年、個人のお客様や取引先百貨店・問屋の声に変化が表れている。
 従来の漆器イメージを超えた新商品に対する期待や安値の追求だけではない「質」や「機能」を重視した商品に対する人気等、今が漆器PRの好機であると考え、自社ブランドの効果的なPRを行うため経営計画を作成。自社として、これまで十分な営業活動が展開できていない「陶磁器文化圏」での市場調査・販路開拓に取り組むこととした。

ページの先頭へ

Facebook
『商工会あきた』

  • あきた女性活躍・両立支援センター
  • 一般事業主行動計画
  • 「がん」重点補償
  • 珠算・販売士・簿記検定試験日程

秋田県商工会一覧